秋田県後期高齢者医療広域連合ホームページ

文字サイズの変更|拡大する | 標準 | 縮小する |

医療機関の皆様へ

TOP>後期高齢者医療制度(長寿医療制度)について>医療機関の皆様へ

 平成20年4月1日から「後期高齢者医療制度」が始まりました。
 

●資格関連

被保険者証/被保険者番号/保険者番号/限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証/後期高齢者医療対象資格の発生について

●給付関連

診療報酬請求(レセプトの提出)について/療養費支給申請書(鍼灸・マッサージ)について/診療報酬の支払について

●診療報酬明細書(レセプト)の過誤返戻について

●問い合わせ先



●資格関連

被保険者証

 平成20年4月から始まった後期高齢者医療制度では、「後期高齢者医療被保険者証」で確認できます。      

 被保険者証が平成29年8月から更新されます。(むらさき色から、みず色へ変更)

 

平成28年度被保険者証 (有効期限: 平成29年7月31日まで)

↓  
平成29年度被保険者証 (有効期限: 平成30年7月31日まで) 
a

  

 →「被保険者証(保険証)について」もご覧ください。

被保険者番号

 平成20年4月1日から新たに”8桁の番号”になりましたので、被保険者証で必ず確認をお願いします。

 後期高齢者医療制度の被保険者番号は、県内の異動では変更しません。(県外に転出する場合は変更となります。)

保険者番号

 保険者番号は、市町村ごとの設定になります。そのため、他市町村へ異動した場合は、保険者番号が変更します。
 各市町村の保険者番号はこちらをご覧ください。

保険者番号
限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証

 被保険者番号および保険者番号の確認をお願いします。

後期高齢者医療対象者資格の発生について

・75歳年齢到達者…75歳の誕生日から資格が発生します。

・65歳以上75歳未満の障がい認定者…広域連合が認定した日から資格が発生します。

 月途中で保険の変更(国保等→後期高齢者医療)が発生することとなるため、診療報酬明細書(レセプト)の作成が複数になります。


●給付関連

診療報酬請求(レセプトの提出)について

 「秋田県国民健康保険団体連合会(国保連合会)」へ提出をお願いします。

 福祉医療制度分の請求については、これまでの国保老人と同様に、複写せずに一枚で請求することになります。

療養費支給申請書(鍼灸・マッサージ)について

 療養費支給申請書(鍼灸・マッサージ)については、秋田県後期高齢者医療広域連合業務課給付班へ郵送で提出をお願いします。提出物は、@療養費送付内訳書、A療養費支給申請書の2種類となります。申請書は、被保険者番号順に並べて提出をお願いします。

 また、新たに請求する施術機関や、すでに届出した施術機関で届出内容に変更があった場合等は、施術機関情報登録連絡票を秋田県後期高齢者医療広域連合に提出し、登録する必要があります。
 なお、支給の時期については、原則として毎月7日(休日に当たる場合は翌営業日)まで提出された申請書については翌月20日頃、7日より後に提出された申請書については、翌々月の20日頃となります。

※往療料の請求がある場合は、必ず往療料一覧を添付してください。また、算定にあたっては「往療料について(PDFファイル)」をご覧ください。
「往療料について(PDFファイル)」

 【送付先】
〒010-0951
 秋田県秋田市山王四丁目2-3  秋田県市町村会館1階
 秋田県後期高齢者医療広域連合事務局 業務課

申請書様式
申請書等名称 記載例 記入用
施術機関情報登録連絡票 PDFファイル wordファイル
療養費送付内訳書 - excelファイル
療養費支給申請書(はり・きゅう用)※ - excelファイル
療養費支給申請書(あんま・マッサージ用)※ - excelファイル
往療料一覧 - excelファイル

診療報酬の支払いについて

 「秋田県国民健康保険団体連合会(国保連合会)」から支払われます。


●診療報酬明細書(レセプト)の過誤返戻について

お知らせ【重要】
 平成30年1月から診療報酬明細書の過誤返戻に係る取扱いが変更になります。
 これまで、返戻する際は当広域連合にレセプト返戻依頼票を郵送又はFAXで送っていただいておりましたが、平成30年1月から、返戻依頼先が秋田県国民健康保険団体連合会に変更となります。
 今回の変更に伴い、返戻依頼する場合は郵送又はオンラインのどちらかになりますので、お気を付け願います。
※郵送にて返戻依頼する際の様式は、国保連合会のホームページでダウンロードできます。
 (こちらをクリックで、国保連ホームページへ)
※医療機関等の皆様には、国保連合会より平成29年10月18日付の事務連絡にて通知しております。詳しくはそちらの文書をご確認願います。


(平成29年12月まで)

 診療報酬明細書の過誤返戻を依頼するときは、レセプト返戻依頼連絡票に必要事項を記入して、当広域連合事務局まで郵送してください。

様 式
様式名称 記載例 記入用
 レセプト返戻依頼連絡票     PDFファイル   Excelファイル 

郵 送 先
通常のレセプト返戻依頼
(依頼日の翌月に返戻されます)
〒010−0951 秋田市山王4丁目2−3 秋田県市町村会館 1階 
秋田県後期高齢者医療広域連合 業務課
Tel 018−853−7155   Fax 018−838−0611
毎月10日までに提出したレセプト
をその月内に返戻する場合
※国保連合会に直接依頼してください
〒010−0951 秋田市山王4丁目2−3 秋田県市町村会館 4階
秋田県国民健康保険団体連合会 審査第一課
Tel 018−862−6959   Fax 018−824−0043

 ※ 診療月ごとに、この連絡票を作成してください。
 ※ 記入欄が不足の場合は、複写してください。その際、続きの項番(枚数)を必ず記入してください。
 ※ 不明な点は、広域連合までお問い合わせください。


●問い合わせ先

内容 組織名 電話番号
後期高齢者医療制度全般 秋田県後期高齢者医療広域連合業務課 018-853-7155
福祉医療制度 秋田県健康福祉部長寿社会課国保改革準備・医療指導室 018-860-1351
診療報酬明細書等 秋田県国民健康保険団体連合会 018-862-6864
その他 各市町村後期高齢者医療担当

▲ このページのトップヘ

かんたん検索

後期高齢者医療制度について

行政情報

広域連合議会

業者の皆様へ

お問合わせメールフォーム


よりよいサイト運営を図るため、アクセス解析を実施しています。